ニキビとの長いものお付き合い

ニキビとの長いものお付き合い

ニキビとの長いものお付き合い

私は子どもの頃からニキビが多くて、中学生のときは常に顔にたくさんニキビができていました。

 

もちろん気にしていたので洗顔を念入りにやったりしていたのですが、収まる気配はなく。高校生になると数は減ったものの、やはりいつもどこかにニキビがある状態でした。

 

大人になって色々な化粧品を試し、試行錯誤しました。当初は脂が原因でニキビができると思っていたので、顔に乳液など、脂っぽいものをつけるのをひたすら避けていました。ですが乾燥するはニキビはできるは、悲惨な状態。

 

そんな中、友達から教えてもらったお手入れがスゴくききました。普段から化粧水・クリームで保湿をしつつ、時々毛穴洗浄を行います。

 

そもそもなぜニキビができるかというと、ストレス・汚れ・皮脂などが原因に上げられますが、脂を減らせばいいということではなかったんです。

 

脂が多い=ニキビではなく、水分が少ない=肌の水分と油分のバランスが崩れる=脂が勝ってニキビになる。という感じです。

 

つまり、脂性肌だから脂を避ける、ではなく、水分をもっと足してあげるんです。

 

何事もバランスが大事ですが、肌にもこんのバランスがあるなんて知ったときは驚きでした。

 

それからは水分を入れて保湿を丁寧にすることを意識するようになりました。

 

そして、今のお手入れを始めて半年ほど経った頃から、まったくニキビができなくなりました。おかけで毎日がハッピーです。